ホーム ≫ Winaero Tweaker 日本語化

Winaero Tweaker 日本語化

    Winaero Tweaker 日本語化パッチファイル

    Winaero Tweaker 日本語化パッチファイルの公開と日本語化の手順を紹介しています。
    Winaero Tweaker ( Version : 1.40.0.0 )

    Winaero Tweaker

    Winaero Tweaker アイコン
    Winaero Tweakerは、Windows 10、Windows 11 用のカスタマイズツールです。
    ブックマーク、外観、高度な外観、動作、起動とログオン、デスクトップとタスクバー、コンテキストメニュー、設定とコントロールパネル、ファイルエクスプローラ、ネットワーク、ユーザーアカウント、Windows Defender、Windows アプリケーション、プライバシーなどのカスタマイズを行うことができます。


    Winaero Tweaker スクリーンショット

    作成者 : Winaero
    ホームページ : https://winaero.com/
    ダウンロードページ : https://winaero.com/
    カテゴリー : Windows カスタマイズツール
    ライセンス : フリーソフト
    動作環境 : Windows 10、Windows 11

      機能とオプション
      • Windows11の機能
        • 完全なコンテキストメニューを有効にする...「その他のオプションを表示」アイテムの消去
        • 従来のタスクバーを復元する機能
        • ファイルエクスプローラーでリボンを有効にする
        • タスクバー画面位置の変更
        • タスクバーサイズの変更
        • バックグラウンドアプリの無効化
      • 使用できるショートカットツール
        • UACの確認なしに管理者としてアプリを起動
        • コントロールパネルアプレットまたはシステムフォルダを直接開く
        • 設定ページを直接開く
        • 従来の[Windowsのシャットダウン]ダイアログ(Alt + F4)およびセーフモードへのショートカットを作成
        • ショートカット矢印オーバーレイアイコンを削除またはカスタマイズ
        • 「--shortcut」サフィックスの削除
        • 圧縮ファイルから青い矢印の削除
      • Windowsアプリと機能を管理
        • インターネットオプションを使用せずにファイルエクスプローラーで従来の検索を復元
        • 従来のWindowsフォトビューアを復元して、フォトの代わりに使用
        • クラシックサウンドボリュームポップアップスライダーの復元
        • Windowsテレメトリとデータ収集の完全無効化
        • Windows Defenderの完全無効化
        • Windows Updateの完全無効化
        • 広告と不要なアプリのインストール(キャンディークラッシュソーダ佐賀など)の無効化
        • 組み込みの管理者アカウントの有効化
        • レジストリの自動バックアップの有効化
        • ドラッグアンドドロップ感度の変更
        • アクションセンターと通知の無効化
        • アイコンキャッシュのリセット
        • すべてのグループポリシーオプションのリセット
      • ネットワークオプション
        • RDPポートの変更
        • マップされたドライブを昇格されたアプリからのアクセス許可
      • Windows外観の調整
        • フォルダをカスタマイズ
        • ファイルエクスプローラー(左側のウィンドウ)のナビゲーションウィンドウでエントリをカスタマイズ
        • クイックアクセスエントリのアイコンの名前を変更
        • タスクバーの透明度を調整
        • タスクバーの時計に秒を表示
        • サインイン画面のぼかしを無効化
        • フォントとAlt+Tabダイアログの外観をカスタマイズ
        • 非アクティブなウィンドウのタイトルバーの色を変更
      • コンテキストメニュー
        • 膨大なプリセットを使用して、便利なコンテキストメニューを追加
        • コンテキストメニューからデフォルトのエントリを非表示化 例:写真で編集、ペイント3Dで編集など。
        • 「管理者として実行」をVBS、MSI、CMD、およびBATファイルに追加
        • 画像のコンテキストメニューエントリの編集のデフォルトアプリを変更

    日本語化ファイル ダウンロード

    Winaero Tweaker ( Version : 1.40.0.0 ) の日本語化パッチファイルファイルを配布しています。



日本語化の手順

zip形式の圧縮ファイルですのでダウンロード後解凍してお使い下さい。
解凍後のファイル名は 『 WinaeroTweaker_1_40_0_0_jp.exe 』 と 『 Readme.txt 』 になります。

■■■■
日本語化パッチの実行

任意の場所から『 WinaeroTweaker_1_40_0_0_jp.exe 』 を実行します。

■■■■
パッチの適用先フォルダの指定

Winaero Tweaker のインストールフォルダ ( WinaeroTweaker.exe が存在するフォルダ ) を指定してください。

デフォルトでインストールした場合は、『 C:\Program Files\Winaero Tweaker 』 になります。

『 WinaeroTweaker_1_40_0_0_jp.exe 』 が正常に終了すれば更新作業は終了です。

Winaero Tweaker 日本語化パッチ

※パッチ実行時に、オリジナルプログラムのバックアップが行われます。

WinaeroTweaker.exe → WinaeroTweaker.exe.En.old

※日本語化による不具合等が発生した場合はバックアップファイルより元の状態に戻して下さい。

日本語化された WinaeroTweaker.exe を削除し WinaeroTweaker.exe.En.old のファイル名を WinaeroTweaker.exe に変更します。

WinaeroTweaker.exe 削除 → WinaeroTweaker.exe.En.old リネーム → WinaeroTweaker.exe



inserted by FC2 system