ホーム ≫ PilotEdit Lite 日本語化

PilotEdit Lite 日本語化

    PilotEdit Lite 日本語言語ファイル

    PilotEdit Lite 日本語化ファイルの公開と日本語化の手順を紹介しています。

    PilotEdit Lite ( Version : 14.0.0 )

    PilotEdit Lite

    PilotEdit Lite アイコン
    PilotEdit Lite は、10GB を超えるファイルの編集が可能なテキストエディタです。
    16進モードでのバイナリ編集や FTP ファイル編集、FTP アップロード、FTPダウンロード、列編集モードによる選択列への一括文字挿入や文字削除など便利な機能が搭載されています。


    PilotEdit Lite スクリーンショット

    作成者 : www.pilotedit.com
    ホームページ : http://www.pilotedit.com/
    ダウンロードページ : http://www.pilotedit.com/
    カテゴリー : テキストエディタ
    ライセンス : フリーソフト
    動作環境 : Windows 7、8x、10

    サポートファイルタイプ
    • C, C++ ファイル、Java ファイル、HTML ファイル、XML ファイル、Oracle SQL ファイル、UNIX/Linux Shell ファイル、JSP、TCL/TK ファイル、BAT ファイル、PilotEdit Script、Javascript ファイル、PHP、ASP、Assembly、ASP.NET、CSS、Visual Basic、Perl、C#、Python、Ruby、XHTML ファイル、COBOL、AHK Script、Inno Setup Script、AutoIt Script

    日本語化ファイル ダウンロード

    PilotEdit Lite ( Version : 14.0.0 ) の日本語化ファイルファイルを配布しています。



PilotEdit Lite 日本語化ファイルダウンロード

PilotEdit Lite
( Version : 14.0.0 )



    日本語化の手順

    zip形式の圧縮ファイルですのでダウンロード後解凍してお使い下さい。
    解凍後のファイル名は日本語言語ファイル 『 Japanese.properties 』 と 『 Readme.txt 』 になります。

    ■■■■
    言語ファイルの配置

    PilotEdit Lite のインストールフォルダ ( PilotEdit.exe が存在するフォルダ ) に同梱の言語ファイル 『 Japanese.properties 』 を配置して下さい。

    デフォルトで PilotEdit をインストールした場合は、
    C:\Program Files (x86)\PilotEdit Lite\ になります。

    C:
    └\Program Files (x86)
    • └\PilotEdit Lite ... >>> Japanese.properties ( 言語ファイル配置 )


    ■■ 2 ■■
    インターフェース言語の設定

    PilotEdit Lite メニューバーより 『 Configure 』 → 『 Change Language 』 の Language List 内から 『 Japanese 』 を選択し 『 Change 』 ボタンをクリックします。
    言語変更を有効にするためには、PilotEdit Lite の再起動が必要となります。

    PilotEdit Lite インターフェース言語設定

    ※ 日本語化による不具合等が発生した場合は、言語を 『 English 』 に戻した後、配置した日本語言語ファイル 『 Japanese.properties 』 を削除して下さい。




inserted by FC2 system