WinUtilities Free Edition

WinUtilities ロゴ ■ WinUtilities Free Edition
■ フリーウェア
■ 動作環境 :Windows 7, 2000, XP, Vista, 2003
■ 作成者 : YL Software http://www.ylcomputing.com/

 Home




-INDEX-


Amazonで商品を検索







GOM PLAYER
気軽に使える完全無料動画プレイヤー


★★動画・DVD再生フリーソフトGOM PLAYER★★
























  • WinUtilities Free Edition

  • All-in-One system cleaning and optimization suite

  • WinUtilities(Free Edition)は、Microsoft Windowsシステムの効率化と最適化を行うための様々なモジュールが組み込まれたアプリケーションです。
    クリーンアップと修復、最適化と速度向上、プライバシーとセキュリティ、ファイルとフォルダ、レジストリツール、システムツールの6項目より構成され24のモジュールが組み込まれています。
    また、基本メンテナンス8項目、拡張メンテナンス4項目(オプションとしてメンテナンス終了後の自動電源オフ)が安全に行える 『ワンクリック メンテナンス』機能によりWindowsシステムの効率化・最適化によるパソコンの高速化を手軽に行うことができます。
  • WinUtilities Free Edition スクリーンショット


    作成者
  • ライセンス
    • フリーウエア
  • システム要件
    • Windows 7, 2000, XP, Vista, 2003 Server. 32/64bit version
  • 組み込みモジュール
    • ディスククリーナ、レジストリクリーナ、ショートカットエラー修正、アンインストールマネージャ、レジストリ デフラグ、ディスク デフラグ、メモリ オプティマイザ、BHOリムーバ、スタートアップ クリーナ、プライバシー情報 消去、プロセス マネージャ、EXE プロテクタ、ファイル シュレッダ、ファイル アンデリート、ドキュメント プロテクタ、デュプリケート ファイル ファインダ、ファイル 分割と統合、レジストリ バックアップと復元、レジストリ 検索、システム コントローラ、タスク スケジューラ、システム 情報、オート シャットダウン、Windows標準ツール


  • ▼ WinUtilities Free Edition のダウンロードページ ▼
    >> http://www.ylcomputing.com/content/view/329

    WinUtilities Free Editionのダウンロードページの 『 Download Now 』 または 『 Download Mirror 』 リンクイメージをクリックしてWinUtilities Free Edition インストールプログラムをダウンロードします。

    WinUtilities Free Edition ダウンロード


    取得したインストールプログラムを実行し、セットアップに使用する言語を選択します。
    ここで 『 日本語 』 を選択することにより日本語によるインストールと WinUtilities のインターフェース言語の日本表示設定を行うことができます。
    ( インストール終了後 WinUtilities のオプション設定でインターフェース言語の変更は可能です。 )


    WinUtilities インストール言語選択


    WinUtilities Free Edition Setup Wizard に従ってセットアップを進めていきます。

    WinUtilities Free Edition セットアップ

  • インストール時に日本語設定していない場合は、WinUtilities メイン画面右上にある WinUtilities Free Editionセッティングボタン ボタンをクリックして表示されるホップアップメニューより 『 Settings 』 を選択して Options 画面を開きます。
    Options 画面内の Language リストより 『Japanese』 選択し 『 OK 』 ボタンをクリックします。

    言語変更の適用には WinUtilities を再起動する必要があります。

    WinUtilities Free Edition日本語セットアップ

  • ワンクリック メンテナンス

    WinUtilities はシステムの効率化と最適化として代表的なディスククリーナー、レジストリの最適化、ディスクのデフラグなどの作業をワンクリックで実行することができます。

    基本メンテナンス8項目
    • クリックボードを空にする。
    • ごみ箱を空にする。
    • Windowsの一時ファイルをクリーニング
    • インターネットの一時ファイルを空にする。
    • インターネットのクッキーを掃除する。
    • インターネットの入力文字補完データを掃除する。
    • インターネットの入力パスワード補完データを掃除する。
    • 最近使ったドキュメントをクリーニング

    拡張メンテナンス4項目
    • ディスク上のジャンクデータの解析と除去
    • 無効なレジストリの除去およびエラーの復旧
    • オンライン上の活動中の履歴の解析と除去
    • ディスクの断片化の解析とデフラグ

  • オプション
    • ワンクリックメンテナンス終了後、電源を切る

    1. WinUtilities メイン画面より 『 ワンクリック メンテナンス 』 を選択ます。
    2. ワンクリック メンテナンスで実行するメンテナンス項目、オプション項目にチェックを入れます。( 実行不要な項目のチェックを外します。 )
    3. 『 ワンクリックメンテナンスの起動 』 をクリックして Windows システムの最適化が行います。
  • WinUtilities Free Edition ワンクリックメンテナンス


  • モジュール

  • 目的にあったモジュールを個別に実行し Windows システムをメンテナンスします。
    使用可能なメンテナンスツールはわかりやすく6項目に分類され合計で24個のモジュールから構成されています。

    クリーンアップと修復

    • ディスククリーナ... >> 使い方
      • ディスク上の不要なデータを除去し、空き容量を復旧します。
    • レジストリクリーナ... >> 使い方
      • 無効なレジストリを除去し、エラーを復旧します。
    • ショートカットエラー修正
      • スタートメニュとデスクトップのショートカットにエラーがあれば補正します。
    • アンインストールマネージャ
      • 不要なプログラムを完全にアンインストールします。

    WinUtilities Free Editionクリーンアップと修復


    最適化と速度向上

    • レジストリ デフラグ
      • レジストリの断片化を解消し、パフォーマンスを向上します。
    • ディスク デフラグ
      • ディスクドライブの断片化を解消し、システムパフォーマンスを向上します。
    • メモリ オプティマイザ
      • バックグラウンドでメモリの空き容量を監視し最適化します。
    • BHOリムーバ
      • 不要となった、IEプラグインなどBHO(ブラウザヘルパオブジェクト)を取り除きます。
    • スタートアップ クリーナ
      • スタートアップ時に自動で起動するプログラムを管理します。

    WinUtilities Free Edition最適化と速度向上

    プライバシーとセキュリティ

    • プライバシー情報 消去
      • オンライン履歴を掃除します。またプライバシー情報を保護します。
    • プロセス マネージャ
      • 実行中のプロセスを監視し、選択したプロセスの実行を停止します。
    • EXE プロテクタ
      • 認可されていないアクセスや使用から実行ファイルを保護します。
    • ファイル シュレッダ
      • ファイルを永遠に消去し、復旧を不可能にします。
    • ファイル アンデリート
      • 誤って削除してしまったファイルを、迅速かつ効率的に復活します。

    WinUtilities Free Editionプライバシーとセキュリティ

    ファイルとフォルダ

    • ドキュメント プロテクタ
      • ドキュメント、画像や動画などのファイルをセキュリティパスワードで保護します。
    • デュプリケート ファイル ファインダ
      • 空き容量の浪費とエラーを誘発しかねない重複ファイルを捜索します。
    • ファイル 分割と統合
      • 巨大なファイルを管理しやすいサイズに分割したり、結合します。

    WinUtilities Free Editionファイルとフォルダ

    レジストリツール

    • レジストリ バックアップと復元
      • Windows のレジストリをバックアップおよび復元します。
    • レジストリ 検索
      • 指定した文字列 ( ワイルドカードでの指定可能 ) でレジストリを検索します。

    WinUtilities Free Editionレジストリツール

    システムツール

    • システム コントローラ...Windows設定の構成及び管理を行います。
    • タスク スケジューラ...指定時刻に自動起動するタスクのスケジュールを管理します。
    • システム 情報...包括的なコンピュータの情報を提供します。
    • オート シャットダウン...指定された時刻にコンピュータをシャットダウンします。
    • Windows標準ツール...役に立つWindows規定の機能に直接アクセスします。

    WinUtilities Free Editionシステムツール

  • WinUtilities メイン画面より 『 モジュール 』 → 『 クリーンアップと修復 』 → 『 ディスク クリーナ 』 を選択しディスク クリーナ ウィザードを起動します。

    ディスク クリーナ ウィザード起動


    『 今すぐスキャン 』 または 『 次へ 』 をクリックして次のステップへ進めます。次回からこの『ようこそ』 画面をスキップする場合は、『 起動時にこの画面を表示する 』 のチェックを外します。

    ディスク クリーナ ウィザード スキャン開始


    クリーニングするディスク ドライブの選択を行います。全てのドライブについてクリーニングする場合は、『Myコンピュータ 』のチェックを有効にします。
    画面右上の 『 オプション 』 ボタンをクリックすることにより 『 ジャンクファイル 』、『 検索オプション 』、『 除外 』 のリストアップする条件設定と 『 クリーニング オプション 』 でクリーニング方法、復元ポイント作成オプションの設定を行うことができます。(他のステップでも設定可能ですが、リストアップに関する条件はこの段階の設定値により抽出されます。)

    ディスク クリーナ ウィザード ドライブ選択



    WinUtilities ディスク クリーナがディスク ドライブをスキャンしている間しばらく待ちます。

    ディスク クリーナ ウィザード 抽出


    スキャンが終了するとWinUtilities ディスク クリーナにより不要と判断されたファイルがリストアップされます。
    リストアップされたアイテムの中で削除をしないファイルのチェックを外します。
    アイテムの内容を確認する場合は、確認するアイテムを右クリックして表示されるメニューからプロパティを選択しアイテムのプロパティウィンドウを開きます。
    リストアップされる判断基準は、オプションの 『 ジャンクファイル 』、『 検索オプション 』、『 除外 』 の設定によりますので状況によってはオプション設定を変更し再スキャンを行います。

    ディスク クリーナ ウィザード 削除アイテム選択



    クリーニングオプションと拡張オプションの変更を行うことができます。
    設定を変更する場合は、それぞれ 『 カスタマイズ...』 をクリックします。
    『 次へ 』 ボタンをクリックするとジャンクファイルの削除が開始します。

    ディスク クリーナ ウィザード 削除開始


    クリーニングオプション

    ディスク クリーナ ウィザード クリーニングオプション


    拡張オプション

    ディスク クリーナ ウィザード 拡張オプション


    『終了』 ボタンをクリックしてディスク クリーナ ウィザードを終了させます。

    ディスク クリーナ ウィザード 終了

  • WinUtilities メイン画面より 『 モジュール 』 → 『 クリーンアップと修復 』 → 『 レジストリ クリーナ 』 を選択しレジストリ クリーナ ウィザードを起動します。

    レジストリ クリーナ ウィザード 開始


    『 今すぐスキャン 』 または 『 次へ 』 をクリックして次のステップへ進めます。次回からこの『ようこそ』 画面をスキップする場合は、『 起動時にこの画面を表示する 』 のチェックを外します。

    レジストリ クリーナ ウィザード スキャン開始


    クリーニングするレジストリカテゴリの選択を行います。
    • ユーザソフトウェア設定
    • 共通ソフトウェア設定
    • システム設定
    • ActiveX, OLE, COM セクション
    • アンインストールセクション
    • 最近のアプリケーションおよびIEの仕様履歴
    • 無効なスタートメニュ及びFile Associations(関連付け)
    • 共有 Dll セクション
    • 未使用の言語
    • 未使用のタイムゾーン
    • 自動実行 セクション
    画面右上の 『 オプション 』 ボタンをクリックすることにより復元ポイントの生成、除外(検索から除外するキー)設定を行うことができます。(他のステップでも設定可能ですが、検索から除外するキーの条件はこの段階の設定値により抽出されます。)

    レジストリ クリーナ ウィザード スキャンアイテム選択


    WinUtilities レジストリ クリーナがレジストリをスキャンしている間しばらく待ちます。

    レジストリ クリーナ ウィザード スキャン実行


    スキャンが終了するとWinUtilities レジストリ クリーナにより無効 ( エラー ) と判断されたレジストリエントリがリストアップされます。
    リストアップされたエントリの中で削除をしないアイテムのチェックを外します。
    レジストリキー、値の内容を確認する場合は、確認するレジストリエントリを右クリックして表示されるメニューからプロパティを選択しレジストリのプロパティウィンドウを開きます。

    レジストリ クリーナ ウィザード 削除アイテム選択


    オプションの 『 変更 』 をクリックすると復元ポイントの生成についてのオプション設定を行うことができます。
    復元ポイントを生成することにより、レジストリエントリを削除したことが原因でシステムが不安定になった場合、レスキューマネージャにより削除前の状態に復元することが可能になります。( 復元ポイントは生成することをお勧めします。 )
    『 次へ 』 ボタンをクリックすると無効なレジストリエントリの削除が開始します。

    レジストリ クリーナ ウィザード 削除開始


    『終了』 ボタンをクリックしてレジストリ クリーナ ウィザードを終了させます。

    レジストリ クリーナ ウィザード 削除終了

Home PageTop

Amazonで商品検索

Amazon商品検索


inserted by FC2 system