フリーソフトの活用

海外製フリーソフトのインストール、日本語化、使い方などを紹介しています。

タイトル ロゴ
Add to Google My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader RSS News Feed
ホーム 前のページ
フリーソフト日本語化 フリーソフトの使い方 Web フリー素材
水平線
フリーソフト日本語化
フリーソフトの使い方
Web フリー素材
Vidiot

Vidiot

  • Vidiot 日本語化

  • Vidiot ( Version 0.3.25 )



  • Vidiot

  • Vidiot は家庭のビデオ編集を目的としたノンリニアビデオエディタです。 合成(スケーリング/回転/ポジショニング)、トリミング、速度の変更、トランジションとタイトルの追加、トリミング、キーフレームなどをサポートしています。

    Vidiot スクリーンショット


    作成者 : Eric Raijmakers https://sourceforge.net/projects/vidiot/
    ダウンロード ページ : https://sourceforge.net/projects/vidiot/
    カテゴリー : ビデオエディタ

  • ライセンス : フリーソフト
    動作環境 : Windows 7、8x、10

    サポートファイル
    • ビデオファイル
      • *.asf、*.avi、*.ogm、*.mov、*.mp4、*.mpeg、*.mpg、*.mkv、*.dv、*.gxf、*.lxf、*.m2t、*.m2ts、*.m2v、*.m4v、*.mts、*.nut、*.3gp、*.3g2、*.amv、*.asx、*.flv、*.f4v、*.ogv、*.png、*.gif、*.webm、*.duk、*.dvr-ms、*.mv、*.pva、*.rm、*.rmvb、*.smv、*.ts、*.vob、*.wmv、*.wtv
    • オーディオファイル
      • *.wav、*.mp3、*.flac、*.m2a、*.m4a、*.8svx、*.aa3、*.aac、*.aacp、*.ac3、*.act、*.aif、*.aiff、*.amr、*.ape、*.au、*.caf、*.dts、*.mid、*.mlp、*.mka、*.mp1、*.mpc、*.mpp、*.mp+、*.ogg、*.oma、*.qcp、*.ra、*.rso、*.tta、*.voc、*.vqf、*.wma、*.xwma
    • 画像ファイル
      • *.bmp、*.gif、*.jpg、*.png、*.tga、*.tif、*.tiff


  • Vidiot 日本語化の手順

    zip形式の圧縮ファイルですのでダウンロード後解凍してお使い下さい。
    解凍後のファイル名は日本語言語ファイルを含んだフォルダ 『 ja_JP 』 、画像ファイル 『 ja_JP.png 』 と 『 Readme.txt 』 になります。

    ■■■■
    言語ファイルの配置


    Vidiot のインストールフォルダ (vidiot.exe が存在するフォルダ )のサブフォルダ 『 lang 』 に同梱の言語ファイルを含んだフォルダ 『 ja_JP 』 を配置してください。
    また 『 images 』 - 『 flags 』 に同梱の画像ファイル 『 ja_JP.png 』 を配置してください。

    ・・・
    └ Vidiot インストールフォルダ - ( vidiot.exe、vidiot.pdb、etc....)
    • ├ lang ...言語ファイルを含んだフォルダ 『 ja_JP 』 を配置
    • └ images
      • └ flags ...画像ファイル 『 ja_JP.png 』 を配置

    ■■■■
    Vidiot の設定

    Vidiot メニュー画面より 『 Tools 』 → 『 Options 』 → 『 Application 』 の 『 Language 』 を 『 Japanese 』 に設定して 『 OK 』 をクリックします。
    再起動後、日本語表示になります。

    Vidiot 言語設定


    ※日本語化による不具合等が発生した場合は Vidiot の設定を 『 English 』 に戻した後、配置した日本語言語ファイルを含んだフォルダ 『 ja_JP 』 を削除して下さい。

Homeへ移動 ページの先頭に移動 前のページへ移動 日本語化のページに移動 フリーソフト 使い方へ移動 ホームページ無料素材へ移動
inserted by FC2 system