フリーソフトの活用

海外製フリーソフトのインストール、日本語化、使い方などを紹介しています。

タイトル ロゴ
Add to Google My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader RSS News Feed
ホーム 前のページ
フリーソフト日本語化 フリーソフトの使い方 Web フリー素材
水平線
フリーソフト日本語化
フリーソフトの使い方
Web フリー素材
DeepRipper

DeepRipper


  • DeepRipper 日本語化

  • DeepRipper Version 1.1 ( File Version 1.0.0.1 )

  • DeepRipper Version 1.1 の日本語化パッチファイル公開と日本語化の手順を紹介しています。

    ターゲットファイル:DeepRipper.exe ( File version 1.0.0.1 )


    >> DeepRipper 日本語化パッチダウンロード BurnAware 日本語化パッチファイルダウンロード




  • DeepRipper

  • DeepRipperは、オーディオCDをOGGファイル、WAVファイル、MP3ファイルへの変換を行うフリーのリッピングソフトです。

    DeepRipper スクリーンショット

    作成者 : Astonsoft Ltd http://www.deepburner.com/
    ダウンロード ページ : http://www.deepburner.com/?r=download
    カテゴリー : オーディオCDリッピング

  • ライセンス : フリーソフト
    動作環境 : Windows XP、Vista、7、8x、10

    主な特徴
    • 非常に簡単なインターフェイス
    • 自動で曲や音楽CDディスク全体のリッピング
    • MP3/OGG Vorbisを組み込みサポート
    • 固定ビットレートまたは可変レート選択可能

  • DeepRipper 日本語化の手順

    zip形式の圧縮ファイルですのでダウンロード後解凍してお使い下さい。
    解凍後のファイル名は 『DeepRipper1_0_0_1_Jp.exe 』 と『 Readme.txt 』 になります。


    ■■■■
    日本語化パッチプログラムの実行

    解凍した日本語化パッチファイル 『 DeepRipper1_0_0_1_Jp.exe 』 を任意の場所で実行して下さい。



    ■■■■
    パッチ適用先フォルダの指定

    DeepRipper のインストールフォルダ( DeepRipper.exeが存在するフォルダ )を指定して下さい。
    『 DeepRipper1_0_0_1_Jp.exe 』 が正常に終了すれば更新作業は終了です。

    DeepRipper 日本語化パッチ

    ※パッチ実行時に、オリジナルプログラムのバックアップが行われます。

    DeepRipper.exe → バックアップ → DeepRipper.exe.En.old



    ■■■■
    DeepRipper.lng の削除

    DeepRipper のインストールフォルダ( DeepRipper.exeが存在するフォルダ )にランゲージファイル DeepRipper.lng が存在する場合は削除( またはファイル名変更 )します。
    日本語化パッチが正常に行われても英語のランゲージファイル DeepRipper.lng が存在する場合、日本語表示されません。
    日本語化パッチ実行後、DeepRipper 起動時に日本語のランゲージファイル DeepRipper.lng が新たに自動生成されます。

  • 日本語化による不具合等が発生した場合はバックアップファイルより元の状態に戻して下さい。
    1. 日本語化された DeepRipper.exe を削除し DeepRipper.exe.En.old のファイル名を DeepRipper.exe に変更します。DeepRipper.exe 削除 → DeepRipper.exe.En.old リネーム → DeepRipper.exe
    2. ランゲージファイル DeepRipper.lng を削除します。
      ランゲージファイル DeepRipper.lng は次回 DeepRipper 起動時に自動生成されます。


Homeへ移動 ページの先頭に移動 前のページへ移動 日本語化のページに移動 フリーソフト 使い方へ移動 ホームページ無料素材へ移動
inserted by FC2 system