フリーソフトの活用

海外製フリーソフトのインストール、日本語化、使い方などを紹介しています。

タイトル ロゴ
Add to Google My Yahoo!に追加 Subscribe with livedoor Reader RSS News Feed
ホーム 前のページ
フリーソフト日本語化 フリーソフトの使い方 Web フリー素材
水平線
■■ INDEX ■■

- INDEX -
フリーソフト日本語化
フリーソフトの使い方
Web フリー素材
Active@ ISO Burner

Active@ ISO Burner

  • Active@ ISO Burner

  • Active@ ISO Burner は、ISO 9660標準と互換性を持つISOイメージファイルをダイアログスタイルでCD、DVD、Blue-ray ディスクへのライティングを行うフリー(無料)のISO書き込みソフトウェアです。

    Active ISO Burner スクリーンショット


    書き込み、設定とも非常にシンプルですので簡単な操作でISOイメージのライティングを行うことができます。

    Active ISO Burner 設定

    作成者 : NTFS.com http://www.ntfs.com/
    ダウンロード ページ : http://www.ntfs.com/iso_burner_free.htm
    カテゴリー : CD、DVD、Blu-ray ライティング

    ライセンス : フリーソフト
    動作環境 : Windows 95/98/Me/2000/XP/2003/Vista/Server 2008/7/NT

    主な特徴
    • メディア
      CD-R、DVD-R、DVD+R、CD-RW、DVD-RW,、DL DVD+RW,、HD DVD、Blu-ray Disc
    • 書き込みモード
      トラックアットワンス、セッションアットワンス、ディスクアットワンス...挿入したメディアでサポートされている場合
    • トランスポート
      SPTI - SCSI パススルー インターフェース、SPTD - SCSI パススルー ダイレクト、SASPI - Advanced SCSI プログラミングインターフェース
    • バッファアンダーラン保護(BUP)
    • 最適なパワー校正(OPC)
    • テストモード書き込み(シミレーション書き込み)
    • ディスク書き込み後のデータべリファイ

  • Active@ ISO Burner ダウンロードページの ISO-burner.zip または IsoBurner-Setup.exe『 Download 』リンクイメージをクリックして Active@ ISO Burner インストールプログラムをダウンロードします。

    ▼ Active@ ISO Burner ダウンロードページ ▼
    >> http://www.ntfs.com/iso_burner_free.htm

    Active@ ISO Burner ダウンロードページ


    取得した 『 IsoBurner-Setup.exe 』 を実行( ISO-burner.zip をダウンロードした場合は、解凍後 IsoBurner-Setup.exe を実行 ) して Active@ ISO Burner インストールウィザードに従いインストールを行います。

    Active@ ISO Burner インストール




  • トランスポート & キャッシュ

    ランスポート - デバイスのアクセスに使用するSCSI トランスポート:
    • SPTI - SCSI Pass Through Interface
      NTベースのシステム ( NT4/2000/XP/2003/Vista/2008/7 ) 標準のトランスポート
    • SPTD - SCSI Pass Through Direct
      NTベースのシステム ( NT4/2000/XP/2003/Vista/2008/7 ) で追加のSPTDドライバがインストールされている環境下で動作します。
    • ASPI - Advanced SCSI Programming Interface
      主にWindows9xシステム(95/98/ME)を対象としていますが、Windows NTベースのシステムで使用することもできます。( 同梱の WNASPI32.DLL が Active@ ISO Burner と同じディレクトリに存在する必要があります。)

    キャッシュサイズ

    ディスクへ書き込む前にシステムRAMに蓄積するキャッシサイズをメガバイト単位で入力します。デフォルト値 : 40MB

    R-W メディア消去オプション

    挿入されているメディアがDVD/RW、CD/RWなど書き換え可能なディスクの消去方法を選択します。 ( 書き込みの際、『 書き換え可能メディア(RW)を消去する 』 オプションが有効な場合 )
    通常は高速消去で問題ありませんが、書き込みエラーが発生するメディアの場合は、完全消去を選択します。
    • 高速消去...TOC のみを消去します。処理は高速ですが物理的な消去は行われません。
    • 完全消去...処理時間は長くかかりますが物理的に完全消去が行われます。

    書き込み オプション

    • バッファーアンダーラン保護 ( Buffer Underrun Protection ) を行う..有効を推奨
      書き込みバッファへのデータ転送が書き込みスピードに追いつかずに、書き込みができない状態が発生した場合、書き込みを一時停止してバッファにデータが蓄積されるまで待機します。
    • 最適なパワー校正 ( Optimum Power Calibration ) の送信を行う..有効を推奨
      ディスクの先頭にある試し書き領域のパワー キャリブレーション エリア(Power Calibration Area)に書き込みのレーザーレベルテストを行い最適なレーザーパワーに調整します。
    • 書き込みテスト ( シミュレーション ) 書き込みを行う
      メディアへの書き込みレーザーをオフにして実際の書き込みと同じ処理を行います。データ転送が正しく行われるか書き込み前に確認することができます。

    書き込み後 オプション

    • べリファイの実行
      書き込まれたデータに誤りがないか、規格に従っているかなどを検査します。
    • メディア取り出し
      書き込みが完了した後、ディスクを取り出します。
    • PCシャットダウン
      書き込みが完了した後、パソコンをシャットダウンします。

    Active@ ISO Burner オプション設定

  • @ CD / DVD / Blu-ray / HD-DVD へ書き込むISOイメージの選択。
    A ターゲットの選択
    • 書込みに使用するデバイスを選択
    • 書込みモード...トラックアットワンス、セッションアットワンス、ディスクアットワンス(挿入されたメディアでサポートされている場合)
      • トラックアットワンス:「トラック」単位でデータを書き込み、一度書き込みを行った後に追記ができる方式
      • セッションアットワンス:データをトラックに分割せずにセッション単位で書き込みを行う方式
      • ディスクアットワンス:ディスク全体に一度にまとめてデータを書き込む方式
    • 書込み速度...『自動選択』 または書込みメディアおよびデバイスがサポートしている書込み速度を選択
    • コピー枚数...1〜100で選択
    • 書き換え可能メディアの消去
  • B 書込み開始

    ISO ファイル書き込み


    イベントログを表示しながら書込みが行われます。

    ISO ファイル書き込み中

Homeへ移動 ページの先頭に移動 前のページへ移動 日本語化のページに移動 フリーソフト 使い方へ移動 ホームページ無料素材へ移動
inserted by FC2 system